無料でサクっと!個人が趣味用にホームページを作成する簡単な方法

「趣味用のホームページを作る方法が知りたい」

「無料で簡単に作る方法ってあるのかな」

ホームページの作り方を検索しても、企業が作るような方法ばかりで「そんな本格的なものじゃなくてもいいんだけどな」って思いますよね。

ホームページ作成ツールを検索してみても沢山ありすぎて、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまう方も多いでしょう。

そんな方に向けて、趣味としてホームページを作成するためにおすすめの方法を2つに絞って紹介します。この記事を読めば、あなたの趣味用のホームページが簡単に作成できます。

目次

趣味用に個人のホームページを作成できる無料&有料ツール

趣味用としてホームページを作成する場合に、おすすめのツールを2つに絞って紹介します。

  • オシャレに作成するなら無料の『STUDIO』
  • 本格的に運用するなら有料の『WordPress』

これから紹介する『STUDIO』か『WordPress』で作成すれば「やっぱ違うやつで作ればよかった…」なんて後悔することはありません。それぞれ解説します。

オシャレに作成するなら無料の『STUDIO』

出典:STUDIO

無料でホームページを作成したい方はSTUDIOを選んでおくと、間違いはありません。

【STUDIOがおすすめな理由】

  • 記事の装飾が簡単
  • 無料のデザインテンプレートが豊富
  • 初心者でも簡単におしゃれなホームページが作れる

STUDIOは「WEB制作をノーコードで」というキャッチコピーのとおり、パーツを「ドラッグ&ドロップ」していく直感的な操作でホームページが作成できます。

またデザインに自信が無い方も、無料のテンプレートが豊富にあるから安心です。

出典:STUDIO

「とにかく無料で簡単に、でもオシャレなホームページが作りたい!」という要望を、すべて応えてくれるのがSTUDIOの魅力です。

無料のSTUDIOでホームページを作成する

本格的に運用するなら有料の『WordPress』

出典:WordPress

ホームページのカスタマイズ性がSTUDIOよりも高く、セキュリティ面や集客性にすぐれている『WordPress』は、趣味でも本格的に運用したい方におすすめです。

【WordPressがおすすめな理由】

  • SEOで集客しやすい
  • 記事の装飾が豊富で簡単
  • デザインテンプレートが豊富
  • デザインや機能のカスタマイズ性が非常に高い

WordPress利用率は全世界においてもシェアNo.1となっていて、多くの企業やブロガーも活用しています。

唯一WordPressで不向きなホームページのジャンルは、Amazonのような物販をメインとした「ECサイト」ぐらいです。趣味用でホームページを作るのであればWordPressでやれないことは無いと言えるでしょう。

またSTUDIOで本格的な運用をするためには、年間契約で月額2,480円〜かかりますがWordPressは年間契約で月額1,000円※もかかりません。2024年1月におけるConoHa WINGの値段

無料のホームページ作成ツールは優秀ですが機能は制限されており、機能を開放するため有料にした場合に割高になります。

企業も無料でホームページを作成した場合に「やっぱり違うやり方でホームページを作成したらよかった」と後悔されることが多いので、コスパの高いWordPressでの作成がおすすめです。

WordPressでホームページを作成するために必要な、レンタルサーバーに関する記事も合わせて参考にしてください。

茨城県でホームページ制作ならMRS
404: ページが見つかりませんでした | 茨城県でホームページ制作ならMRS MRSは30社を超える企業のWEBマーケティングを支援してきました。ホームページ制作によるブランディング、プロモーションから制作したサイトによる集客施策を一貫して対応可...

趣味用のホームページでも設置しておくべき内容

個人で趣味用としてホームページ運用をする場合でも、設置しておかなければならない内容があります。

【ホームページに必要な内容】

  • お問い合わせページ
  • プライバシーポリシーページ

それぞれ解説します。

お問い合わせページ

ホームページに訪れたユーザーが運営元に連絡を取る手段である「お問い合わせページ」は、ホームページを作成したら必ず設置しましょう。問い合わせページが設置されていることで、ホームページに興味を持った企業や個人から問い合わせが届き、意外な仕事に繋がる可能性もあります。

また、ホームページを運用していると引用や転載など著作権問題は避けられず、細心の配慮を行っていたとしても、著作権を持っている側から削除依頼の問い合わせが届く場合もあります。問い合わせページを設置していなかった場合は著作権を持っている側もホームページの運営元に対して、やむを得ず最初から法的処置を行う状況になってしまうでしょう。

お問い合わせページを設置しないのはデメリットしかないため、ホームページ作成時は必ず設置してください。

プライバシーポリシーページ

収益を目的としていない趣味用のホームページを作成する場合でも、プライバシーポリシーは必ず設置しましょう。

【プライバシーポリシーとは】

プライバシーポリシーとは、ホームページに訪れたユーザーから得られる個人情報をどのように利用しているのかということを明記することです。

例えばユーザーがお問い合わせページを入力するときに、ユーザーは名前やメールアドレスを記入しなければなりません。これも立派な個人情報となるため「何のために取得するのか」といった目的を記載する必要があります。

プライバシーポリシーは検索すればテンプレートが沢山見つかるので、自分のホームページで扱う内容に適したものを選んで作成しましょう。

個人が趣味用に作成したホームページに集客する方法

ホームページが完成したら、どうやって読んでもらえるのか集客方法に悩むでしょう。そこで個人でも無料でできる、2つの集客方法を紹介します。

【ホームページに集客する方法】

  • SNSで紹介する
  • SEOを学んで実践する

それぞれ解説します。

SNSで紹介する

ホームページ集客でもっとも簡単な方法は、XやインスタグラムといったSNSを活用して紹介することです。

例えば大学のサークルで使うホームページを作成した場合、Xを活用してサークルに関するポストをしたりユーザーをフォローしたりしてXのアカウントを伸ばしましょう。Xで交流しているユーザーはサークルに興味がある、または関連しているユーザーなのでホームページの記事を更新した際に告知を行えば読みに来てくれます。

ホームページと関連性が低いアカウントで紹介しても興味のあるユーザーは少ないため、集客効果は小さいです。

SNSを集客として活用したいならば「今日のランチ美味しかった」といったような、ホームページに関係のないポストは控えるほうが良いでしょう。

SEOを学んで実践する

より多くの人に対してホームページの存在をアピールして持続的に集客を行いたい場合は、SEOを学んで実践することが重要です。

SEOはGoogleの検索上位に表示させるための施策のことで、検索上位に表示されれば月間1万人に読まれるなんてことも夢ではありません。またSNSと違って検索上位に表示されれば、毎月安定して集客できるのがSEOを実践する最大のメリットです。

企業向けではありますが、当サイトでもSEO対策について詳しく紹介しています。

茨城県でホームページ制作ならMRS
ホームページのSEO対策とは?失敗しない作成方法も解説 | 茨城県でホームページ制作ならMRS ホームページのSEO対策の重要性と具体的な方法を解説!この記事を読めばホームページにおけるSEO対策は万全になります。ホームページ作成時に失敗してしまうパターンも必ず...

趣味のホームページでもWordPressなら収益化が可能

趣味としてホームページを作成した場合でも、ホームページが読まれるようになると「稼げる可能性」も広がってきます。そんなときでもWordPressであれば、ホームページで稼ぐ仕組みが簡単にできます。

【WordPressで稼ぐ方法】

  • アドセンス広告が自由に貼れる
  • アフィリエイト広告が自由に貼れる

それぞれ解説します。

アドセンス広告が自由に貼れる

WordPressならアドセンス広告が制限なく簡単に貼れるため、企業はもちろんのこと稼いでいるブロガーほどWordPressを活用しています。無料で作成できるSTUDIOの場合、アドセンス広告が貼れません。

【アドセンス広告とは】

アドセンス広告とはGoogleが提供しているインプレッション型の広告のことで、ユーザーがホームページを閲覧しているときに広告が表示されることで運営元に収益が発生する仕組みです。2024年初旬でクリック型からインプレッション型へ報酬が変更されました。

アドセンス広告はホームページに訪れたユーザーの、これまでの検索履歴や行動を元に興味をもちそうな広告が表示されるため、クリックされやすいのが特徴です。

ちょっとしたお小遣い稼ぎも、WordPressなら簡単に始められます。

アフィリエイト広告が自由に貼れる

WordPressならアフィリエイト広告が制限なく、自由に貼れるため自分で好きな商品を紹介できるのはもちろんのこと、企業から広告オファーが来ても問題無く記事に貼れます。

STUDIOの場合は2024年1月現在、有料プランにしたとしてもアフィリエイト用のURLが貼り付けられません。

出典:STUDIO

将来的にホームページに集客ができるようになって「広告が貼れていれば今頃どれだけ稼げていたんだろう…」と後悔してしまいそうな方は、WordPressで作成するのがおすすめです。

個人でホームページを作成する場合に「よくある質問」

個人でホームページを作成する場合に、よくある質問をまとめました。

  • 無料で使えるホームページサービスは?
  • 個人でホームページを制作するにはいくらかかりますか?

それぞれ回答していきます。

無料で使えるホームページサービスは?

無料で使えるホームページサービスは数多くありますが、おすすめは『STUDIO』です。

STUDIOはプログラミングの知識が全く無い方でも、パーツの組み合わせをしていくだけで簡単にオシャレなホームページが作成できます。

趣味でホームページを作成するなら、STUDIOから始めてみると良いでしょう。

無料のSTUDIOでホームページを作成する

個人でホームページを制作するにはいくらかかりますか?

無料で作成できるツール(STUDIOなど)で自作するなら、初期費用も維持費もかかりません。有料のWordPressでも、月額1,000円程度で作れます。

また自分で作成する自信が無い方は、ホームページ制作会社を検討してみましょう。当サイト『MRS』でもホームページの制作をしており、WordPressを使ったおしゃれなホームページを78,000円から作成します。

MRSが作成したホームページを見てみる

ホームページを作成して個人の趣味を発信しよう

趣味用としてホームページを作成したい方は『STUDIO』または『WordPress』がおすすめです。

【WordPress】

月額1,000円ほどで、カスタマイズ性や自由度の高いホームページが作成できる。

広告も自由に貼れるため「趣味だけどどうせならお小遣いも欲しい!」という方向け。

【STUDIO】

オシャレなホームページが初心者でもサクッと作成できる、無料で一番おすすめのホームページ作成ツール。

収益性は関係無く、無料で運用しつづけたいならSTUDIOで問題なし。

どちらもデザインのテンプレートが豊富にあるため、初心者の方でも簡単にホームページが作成できます。あなたの趣味の目的に合ったツールで作成すると良いでしょう。

またホームページ制作に自信が無い方、もっとオリジナリティのあるホームページを作成したい方はMRSにお任せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webディレクターとしてこれまで30以上の制作に携わってきました。

クライアント様の売り上げにも貢献したいという思いから「お問い合わせにつながる構成」と「SEOでの流入増加」の2つを軸に事業成長のサポートをしております。

これまでの経験で培ったノウハウをブログとして発信しております。

目次